40代の転職|マネジメントの経験はありますか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

管理職経験がない場合は略式なものな経験を伝える

40代ですからマネジメント経験が求められるのは当然のことだと思います。

ただし業種や職種、企業によって管理職になるスピードは全然違います。

例えば小さな小売り店舗ならば、高卒の新卒入社社員でも2年勤務したら店長に昇格しますが、大企業なら今は40歳過ぎても課長にすらなれません。

実際に組織上の管理職に就いていたからといって、どのようなマネジメントをしていたのか、単にお飾り職だったのかは中身を開けてみないとわかりません。

だから管理職でマネジメント経験がある人は簡単で「自身のやり方を自信を持ってきちんと伝えればいいだけ」ということになります。

そして前述のとおり、必ずしも「管理職の職位=マネジメント経験」ではないのですから、管理職経験のない人は、非公式なものでも採用担当者が納得するようなマネジメントの取り組みをPRしてください。

公式な管理職経験がないことを説明した後に、インフォーマルなマネジメント経験の事例に切り替えて述べた後、今後の取り組み意欲を伝えることで経験のなさをフォローしています。

「管理職経験がない人」の回答としては「私は今まで、組織上での部長や課長といった管理職の経験がありません。」

そういった意味では公式なマネジメント経験はないということになります。

しかし新商品開発プロジェクトでのリーダー役や、2010年度入社の新人育成担当の最高責任者としてマネジメント的立場の任務をきちんと果たしてきています。

今後はマネジメントスキルを養っていく必要性を充分に認識していますし、チャンスがあれば積極的に取り組んでいきたいと考えております。

タイトルとURLをコピーしました